チャイとは

インドチャイの場合

作り方はお店によって様々ですが、お水に香辛料(生姜、カルダモンなど)を入れて、紅茶の葉と一緒に煮詰めます。
そこに牛乳を加えて、お砂糖を入れ沸騰したら、カップに入れる際に濾して、出来上がり♪

インドでは、毎日飲むことが普通だそうで、出来上がったチャイに、砂糖を更に追加する方も多いのだそう。
日本のようにマグカップでは飲まず、少量をお菓子感覚で楽しむのだそうですよ♪

1858年から1947年までのイギリス植民地時代に、良質な紅茶は全てイギリスに送られて、ダストティーと呼ばれる細かいホコリのような安価の茶葉を、美味しく飲むために考えられたものが、インドチャイの始まり。
高級な茶葉では、美味しいインドチャイは作れないそうです。

ちなみに、インドチャイとマサラチャイの違いですが、定義や、香辛料の決まりは特に無く、お店のメニューに【チャイ】と【マサラチャイ】がもしあった場合は、チャイが香辛料無しで、マサラチャイは有りなんだそうです。

 

セイロンティー

「セイロン」と書かれた紅茶をよく見聞きされる方も多いと思います。

「セイロン」は現在のスリランカの旧国名であり、「セイロンティー」はスリランカの紅茶のことを指します。スリランカは島国で、大きさは東北地方の面積より少し小さいくらいですが、紅茶の輸出量は世界1位か2位と、紅茶の生産の盛んな国です。
「セイロンティー」の一般的な特徴としてはクセが少なく、飲みやすい紅茶です。

「ヌワラエリア」「ウバ」「ディンブラ」「キャンディ」「ルフナ」が「セイロンティー」の五大紅茶生産地です。

「セイロンティー」は産地の標高によって、高い順にハイグロウン、ミディアムグロウン、ローグロウンと分けられます。一般的に標高が高いものは花のような香りにしっかりとした渋味標高が低いものは香り・渋味が弱めながらも濃厚な味わいとなります。

「ディンブラ」「ウバ」「ヌワラエリア」はハイグロウン

「キャンディ」はミディアムグロウン

「ルフナ」はローグロウンの紅茶です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

長野県大町市在住
主な保有資格
・NESプラクティショナー
・ナチュラルフードコーディネーター
・薬膳コーディネーター
・免疫栄養学『分子栄養学』
・チャクラセラピスト資格取得
・アーユルヴェーダセラピスト資格取得
・エソテリック・ヒーリング初級中級コース取得

詳しくはこちら