高血圧について

あなたは高血圧と聞くとどう思いますか?
 
・すぐに降圧剤で下げるべき
・塩分を控えるべき
・運動を控えるべき
などなどあまりいい印象は持っていないと思います。

ただ、年齢にもよりますが高齢の方が血圧が高いのは自然なことなんです。

血液を全身に送る機能も衰えます。

なので血液を全身に回すには、より多くのパワー(圧力)が必要になります。

ところが、医療の世界では血圧が一定のラインを超えると危険とみなし、降圧剤を処方します。

ところが、

血圧を下げてしまうと身体の末端へと血液を何とか送ろうとします。

ただ、脈を早めるというのは体にとても負担がかかることです。

なので結果的に

降圧剤を飲むと身体に甚大な負担がかかります。

血圧の基準値と言うのも実に曖昧なものです。

今までは最高血圧が160~最低血圧が95mmHgだった基準値が、2000年に
なると最高血圧140~最低血圧90に引き下げられてしまいました。

「昨日まで血圧が148~92の健康な人が、今日からは高血圧の患者にされ薬を出された」と言うことです。

そのうち基準値は又変わるかもしれません。

しかしながら、実際高血圧の状態が長く続くと血管障害が起こり、脳卒中、
脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎不全などの合併症を起こす事もあるので注
意が必要なことも事実です。

そして【高血圧=塩の取り過ぎ】
と考えている方も沢山いて、【減塩】と書いてある調味料に目が行ってし
まう方も沢山いらっしゃるのではないかと思います。

しかし、その前に・・・
使っている塩を見直してみてください。

良く食卓で見かける家庭用塩には塩化ナトリウムが99.5%で摂取し過ぎた
ナトリウムを輩出する為のミネラルが一切含まれていません。
人間にとって必須なミネラル分(カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)
が殆ど取り除かれてしまっているので、結果体内のミネラルバランスを狂わ
せてしまいます。

ナトリウムを取るうえで大切なのは、カリウムとマグネシウムとカルシウム
が腎臓の働きで余分なナトリウムを排泄してくれるので一緒にとる必要があ
るのです。

たとえ天然の塩であってもあまりに取り過ぎるとやはり、害にはなってしま
います。今と同じ味付けにして天然の塩に変えただけで血圧は身体が求める
数値に近づくはずです。真の天然塩には高血圧だけではなくそういう作用が
あることを知っていただけたらと思います。

私も血圧が高かった時期がありましたが、塩を変えただけでも、かなり改善
され、今では標準値になりました。

やはり、加工されたものよりも、自然の恩恵を受けて私たちは生かされてい
る事を実感させられます。

薬に頼る前にまず、出来ることから改善して行きましょう!
以上です。ありがとうございましたm(__)m

NESセラピーでも、栄養バランスのスクリーンからから足りていないミネラル
を見ながらアドバイスもさせて頂いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

長野県大町市在住
主な保有資格
・NESプラクティショナー
・ナチュラルフードコーディネーター
・薬膳コーディネーター
・免疫栄養学『分子栄養学』
・チャクラセラピスト資格取得
・アーユルヴェーダセラピスト資格取得
・エソテリック・ヒーリング初級中級コース取得

詳しくはこちら