アーユルヴェーダーとは?

アーユルヴェーダとはインドに古くから伝わる、『毒素を流す健康法』です。毒素を流す事が健康や若さを維持することに繋がると考えられています。アーマ(毒素)は溜めると、身体の弱い部分に溜まり身体の不調を招くといわれています。自分の身体の中にアーマ(毒素)があるかないかを観察することはとても大切です!日頃から自身の身体をケアする事で身体機能が正常に働くのを助けてくれます。

アーユルヴェーダは、医学・生命科学・哲学〉の概念を併せ持つ「生命の科学」。
インドで約5000年前に生まれた学問で、生命が持続している期間をいかに幸福にいかに有益に過ごすかを科学するものです。〈心・体・行動環境〉という全体としての調和が健康にとっては最も重要で、病気を薬などで治す西洋医学とは異なり、病気にりにくい心身をつくることを目的としています。 つまり「予防医学」なのです。

アーユルヴェーダーは、体質」と言うものを非常に重要視しています。自分の体質を知る事によって、身体の調子を予測する事ができます。体質から予め病気を予測するのがアーユルヴェーダの特徴です。

宇宙の摂理や自然のリズムを意識した健やかな暮らしを営んでいく生活の知恵は、まさに現代人にもとめられているものだと思います。

アーユルヴェーダでは、生命エネルギーには次の3種類があるとされています。3つのエネルギーは「ドーシャ」という要素で成り立っていて、3つはそれぞれ【ヴァータ】【ピッタ】【カパ】と呼ばれています。3つの生命エネルギーの元になるのは、空、風、火、水、土の5元素です。
健康な状態の時、この3つの要素のバランスが取れていますが、崩れると体調不良や様々な疾患を招きます。

。ドーシャ診断で、体質だけでなく性格まで診断できちゃうのが面白い所です。^ – ^
あなたの持つドーシャの割合が、一生涯ずっと同じなわけではなく、年齢によって、季節や天気によって、時間帯によっても変わってくるのです。そのときのあなたに1番ふさわしいオイルで、施術を行っていきます。

毎日、体の調子も心の調子も変わってきますよね?そんな敏感な変化にも対応し、さらに5000年もの歴史ある学問がはじき出す効果的な方法で、あなたの心身にアプローチするのが「アーユルヴェーダ」なのです。

・゜・。・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ・゜・。・゜゜・*:.:・゜・。・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ・゜・。・゜゜・*:

体質に合わせたオイルを用いて、体内の余分な要素や、血管・リンパ節にこびりついている毒素や老廃物を溶かして体外へ排出しやすくして行きます。

 

そして、アーユルヴェーダでよく目にするのがこの写真

↓↓↓

これはココナッツオイルをベースにプリンカラージュを始め、緑色の薬草を煎じたものをココナッツオイルに混ぜ合わせ、そのオイルを額に垂らす事で頭部の鎮静効果が高いとされている「シロダーラー」という施術。
”第三の目”と言われる額に20分くらい垂らすだけで、頭部の緊張を取り去り、
神経系のコントロールを良くしてくれます。
毛穴を開かせて、頭皮の解毒を浄化するという作用もあるので、毛髪にも◎。
薬草とココナッツオイルの相乗効果により、不眠や眼精疲労、神経の高ぶりを抑える効果があります。

アーユルヴェーダの素晴らしいところは、私たちがすでに持っている体質を改善したり、オイルやハーブで補ったりして自然治癒力を高めようとする健康的な考え方であること。
無理矢理治癒したり、形にはめたりするのではなく、ありのままの健康的な姿に優しく戻していけるところ。

あなたも、アーユルヴェーダを生活に取り入れて、自然な心身を保つ毎日を始めませんか?

シロダーラのメニューはこちらをクリック