日本ではアーユルヴェーダーは
リラクゼーション的なイメージがあると思いますが
実は
インドでは
れっきとした
三大伝統医療です。

三大伝統医療とは、
(ユナ二医学、中医学、アーユルヴェーダー)です。

その三大伝統医療の中でも病院として
認められているのはアーユルヴェーダーだけなんです。

アーユルヴェーダ―は、
インドで5000年の歴史ある最古の予防医学です。

サンスクリット語で
アーユス(生命)とヴェーダ(科学)
と言った意味を持ちます。

医学哲学を両方合わせ持った
高度な生命科学です。

自分の体質を知って、
体質に合った食事、運動をして行くのが
アーユルヴェーダの考え方です。
身体に良いと言われる食事法や健康法も、
その人の体質によっては良いとは限らないと言う事です。

そして生命に関する【全体像】を持っています。

アーユルヴェーダーでは、
138億年前にビッグバンによって
宇宙は誕生したと言われています。

その時発生した
空、風、火、水、地
と言った5大元素からなる大宇宙。

そして宇宙と同じ要素を持つ
小宇宙・人間。

宇宙と同じものが私たちの中にあり
互いに影響し合いながら調和して生きています。

そして
5つのエネルギー(5大元素の事)
更に3つのエネルギーに分けた考え方が

ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)です。


この3つのエネルギーを【ドーシャ】と言います。

【ドーシャ】とは、
増えやすい物、不純なものと言った意味があり、
このドーシャのバランスが崩れる事で病気になると考え

逆にドーシャのバランスが整う事で、健康になると
いう事を根本原理としています。

そして、

アーユルヴェーダ病院では、
日本の西洋医学と同じ様に
国家資格を持ったアーユルヴェーダ医師達が
治療の為にオイルトリートメントやハーブ療法
ヨガや瞑想と言った治療が日々行われています。


 

皆さんがもし、
お腹が痛くて病院に行ったとしたら
どんな治療をうけるでしょうか?

触診や超音波など、
問診を終えて痛み止めの薬が処方されるのが
一般的なのではないでしょうか。

では、
アーユルヴェーダー医師は
何をすると思いますか?

先ず、
その人が元々持っている体質をチェックする所から
入って行きます。
この事を「プラクリティ」と言います。

そして、
そこからどんな風にバランスを崩しているのかを
チェックしてみて行きます。
この事を「ヴィクリティ」と言います。

なのでお腹が痛いと言う現象から
今現在どんな風にバランスを崩しているのかを
把握した上でアンバランスになっている部分を
的確な方法でその人本来の心身の状態に
戻していきます。

その時、
バランスを整える方法が具体的に
誰もが日常生活でも行える様に
体系化されているのが

「体質論」と言うものです。

その為に一番重要視されているもの、

本来の体質であるプラクリティは、
生まれてくる前、

母親のお腹で受精した瞬間から始まるといわれ、
その時の母親の精神状態や食べていたもの、
経済状況や家族関係、
夫婦関係、生活の環境等によって
形作られるものです。

この様に
生まれ持った体質からは
遺伝子的要素を含む【独自の設計図】
を自然から与えられている、

それが【プラクリティ】だと言う事です。

アーユルヴェーダーは、
「プラクリティ=本質」を知り、
心身共に調和をとりながら、
100歳まで幸せに長生きする為の若返り法の医学
予防医学の側面を合わせ持った素晴らしい概念なのです。

私は、
早速自分の体質を知るところから
自分を見つめ直し理解を深めて行きました。

自分の体質を知る事で自分はどんな
種類のアンバランスによって体調を
崩しやすいのかを予想でき、
予防していく方法を学びました。

今までの様にこれがいい、あれがいいと言った
良いとされるものを、やみくもに採る事を辞め、
自分の体質に合った食べ物を採るようにし、
自分に合ったライフ生活を心がけ、
自分のアンバランスになった時の
無意識的に考えている思考パターンを理解し、
そして、自分の性格、自分の体質をより理解し、

バランスをとる生活を心がけていきました。

すると・・

みるみる心も身体も
生き生きと活力に満ちた
健康な体へとシフトしていきました。

申し遅れました。
アーユルヴェーダLifeコンサルタントの
山田ひろみと言います。

現在52歳
主人と
長男(26歳)長女(24歳)次男(12歳)
の3人と子供とペットのアキクサインコ
のピノちゃんと5人家族です。

3番目の子を40歳と言う高齢で産んだ事で
体調を崩した事がきっかけで
アーユルヴェーダーに出会いました。

6年前、
私の母が脳梗塞で倒れ、
一緒に看病していた父が心労から
持病が悪化し、
その翌年に肺がんでなくなりました。

愛する人の死の悲しみ
母の看病、立て続けに不幸が起こったことで

その現実を受け入れられなかった私は
心身共に疲れ果て、結果救急車で運ばれる
と言う事態にまで発展して行ってしまいました。

40代後半、
更年期の症状を自覚したころ、
この突然の体調の変化に急に
老いを感じ始めた頃でした。

世の中の女性は皆
少なからず、そうした思いを
加齢と共に感じ、
人生に対してネガティブな感情
次第に生まれて来てしまうものだと言う事が
実感として分かって来たのもこの頃からでした。

私がアーユルヴェーダ―を通して
伝えたい思いは

私を含め45歳以上の女性が

年齢を重ねても
美しく輝く存在で
いて欲しいと思ったからです。

両親の事、子供の事、夫婦関係、仕事の事・・

人生の節々で色々な悩みは生まれてきます。

全ては自分を成長させる為の
宇宙意識から与えられたハードルだと捉え
一歩一歩そのハードルを乗り越えて行くことで

少しずつ
輝いた自分がそこにいるはずだと信じています。

そして、

52歳の現在の私にできる事は、
私と同じ様に年齢と共に自信をなくして
見た目から自信が持てなくなっている女性や

更年期の症状で苦しんでいる女性の力
なれるかもしれない、と言った思いから

アーユルヴェーダ―の若返り療法に着目し、
現代人の生活に取り入れやすい形にして
その、エッセンスをお伝えしていく

美と健康・若返りを叶える
艶美人メソッドを広める活動をしております。


アーユルヴェーダの魅惑のオイルを使い
45歳からの女性に向けて
女性はいくつからでもキレイになれる!と言った

アーユルヴェーダの若返りメソッド
ご紹介させて頂きます。

アーユルヴェーダ―が何故、
若返りを推奨するのかと言うと、
100歳まで、長生きしながら
人生楽しみ尽くす為です。